トイレリフォームは、大阪・兵庫・奈良・京都・名古屋の水廻りリフォーム専門店みずらぼへ

初心者でも安心!
3分で分かるトイレの選び方How to choose your toilet

3分で欲しいがみつかるあなたにピッタリトイレ

3分で欲しいがみつかるあなたにピッタリトイレ

トイレをリフォームしたい!
でも、種類がたくさんあって何が良いのかわからない。そこで、みずらぼでは「3分で欲しいがみつかるあなたのトイレ」をご用意!「Yes・No」で答えるだけであなたにピッタリ のトイレがみつかります!

01どのデザインがお好みですか?

トイレのタイプを確認する

タンク式トイレか、タンクレストイレ、システムトイレかを決めましょう。
それぞれのトイレタイプのメリット・デメリットを理解し、ご希望にあったトイレを選びましょう。

矢印
  • 収納付き(システム)トイレの特徴

    収納付き(システム)トイレの特徴

    手洗い器や収納キャビネットなど、好みの組み合わせができるトイレです。
    現在ある配管を利用して、便器・手洗いの給排水を行い、その配管を隠す部分をキャビネットやカウンターとして利用することで、大規模な工事が必要なくトイレ全体をリフォームできます。

    メリット
    タンクと収納が一体となった収納タイプなので、そうじ道具やトイレットペーパー、小物などをすっきりと整理できます。
    手洗い器の設置は、既存の給排水が利用できるので大規模な工事は不要です。
    デメリット
    収納タイプだと設置可能な間口幅に制限があるため、狭いトイレには設置出来ない場合もあります。
    他のタンク式トイレやタンクレストイレなどと比べると、工事の時間が長くなります。
    シャワー便座が故障し便座のみを交換する場合、同じメーカーの専用便座のみへの交換となり、他社メーカーの便座を組み合わせることは出来ません。
  • タンクレストイレの特徴

    タンクレストイレの特徴

    水を貯めるタンクがないトイレで、デザインにこだわりを持つ方に人気です。

    メリット
    凹凸が少ないデザインなので掃除がしやすく、連続でトイレを流すことができます。
    サイズがコンパクトなので、トイレ空間を広く使えます。
    デメリット
    トイレ本体に手洗いがなく、必要な場合は別途、手洗い器が必要となるなります。
    価格が比較的高く、シャワー便座やタンクが故障した場合、機能部を丸ごと交換する必要があります。
    水圧が弱い場所に設置できない機種があります。
    水を流すのに電気を使っているため、停電時には水を流せず、バケツ等により手動で流す必要があります。
  • 一体型(タンク式)トイレの特徴

    一体型(タンク式)トイレ

    トイレの便座(シャワー便座)・タンクが一体型のトイレです。

    メリット
    凹凸が少ないデザインなので掃除がしやすく、タンク上部に手洗いの有無が選択できます。
    デメリット
    シャワー便座や本体が故障した場合、機能部を丸ごと交換する必要があります。
    タンクに水が溜まるまでトイレを流せません(※少ない水で流すと、つまりの原因となります。)
  • 組合せ(タンク式)トイレの特徴

    組合せ(タンク式)トイレの特徴

    便器・タンク・便座をそれぞれ組み合わせたトイレです。

    メリット
    お求めやすい価格帯で、タンク上部に手洗いの有無が選択できます。
    便座部分が故障した場合でも、便座のみの交換が可能。
    デメリット
    凹凸や入り組んだ箇所があるため、一体型やタンクレスに比べると掃除のしやすさが劣っています。
    タンクに水が溜まるまでトイレを流せません(※少ない水で流すと、つまりの原因となります。)